EconPapers    
Economics at your fingertips  
 

新型コロナ感染拡大に伴うサービス消費自粛の度合いをクレカ取引データから推計する方法

渡辺 努 and 大森 悠貴

No 20-001J, CIGS Working Paper Series from The Canon Institute for Global Studies

Abstract: 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い,外食など人との接触を伴うサービスの消費を 自粛する動きが拡がっている。サービス消費の自粛は感染拡大を抑える上で不可欠であ り,政府や東京都などは消費者とサービスを提供する企業に対して自粛の呼びかけを行っ ている。一方で,サービス消費の自粛はサービスを提供する企業の売上を減らし,経済 的な被害を大きくする面がある。自粛の度合いを測る方法としてはスマホの位置情報な どにより人流の変化をみることなどが行われている。このノートでは,より直接的な方 法として,クレジットカードの取引履歴を用いて,サービス支出の抑制の度合いを計測 する。首都圏在住の 35-39 才の男性のうち,2020 年 3 月に外食に支出した割合は 27%で ある。これを,感染が本格化する前の 1 月の取引履歴と比較することにより,自粛なか りし場合の割合を推計すると,32%との結果が得られた。外食に行く人数が 15%減った ことを意味している。外食以外でも娯楽,旅行,宿泊などで同様の自粛効果があった。 自粛の度合いを年齢別にみると,30 代後半から 50 代前半は自粛効果が相対的に大きい が,30 代前半とそれより若い層では若ければ若いほど自粛効果が小さくなっている。ま た,50 代後半より上の年代も自粛効果が小さい。自粛の度合いはサービスの種類によっ ても異なり,娯楽,旅行,宿泊で自粛の度合いが高い。これらのサービス支出を 2020 年 3 月に行った人数は通常の年の約半分である。ただし,政府の要請する 8 割の自粛には 届いていない。

Pages: 14
Date: 2020-04
References: Add references at CitEc
Citations: Track citations by RSS feed

Downloads: (external link)
https://www.canon-igs.org/workingpapers/wp20-001J.pdf (application/pdf)

Related works:
This item may be available elsewhere in EconPapers: Search for items with the same title.

Export reference: BibTeX RIS (EndNote, ProCite, RefMan) HTML/Text

Persistent link: https://EconPapers.repec.org/RePEc:cnn:wpaper:20-001j

Access Statistics for this paper

More papers in CIGS Working Paper Series from The Canon Institute for Global Studies Contact information at EDIRC.
Bibliographic data for series maintained by The Canon Institute for Global Studies ().

 
Page updated 2020-09-14
Handle: RePEc:cnn:wpaper:20-001j